📧メールレディで稼ぎたい女性はコチラ ➡

【チャットレディ確定申告】申告しないと本当に大変なことになります

チャットレディノウハウ

毎年2月頃になるとTwitterなどで話題になるチャットレディの確定申告。

TwitterなどのSNSでチャットレディの確定申告のことを知り、このページに来て下さった方も多いかもしれません。そうでない方も、ご覧いただきありがとうございます。

このページではチャットレディの確定申告に関してザックリご紹介しています。

具体的な詳しい書類の書き方などについてはご案内しておりませんので、別途調べる必要がございます。(1番良いのは、お近くの税務署に相談することです。)

確定申告とは?

確定申告とは、毎年1月1日~12月31日までに得た収入から、経費と控除を引いた金額(所得)を計算して申告し、その所得に対してかかる税金を確定することです。

所得とは?

  • 【所得】=(1年間の収入)ー(経費)
  • (1年間の収入):1/1~12/31までチャットレディで得た報酬
  • (経費):チャットレディの仕事をするためにかかった費用

確定申告しないとどうなるのか?

申告対象にも関わらず確定申告をせず、それが税務署の調査により発覚した場合は以下のような重い罰則が課せられます。

【無申告加算税】
申告の意思があるなしに関わらず、期限を過ぎてからの申告の場合、納付すべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合を乗じて計算した金額が加算されます。
これは申告して納める税金とは別に加算される金額です。

【延滞税】
納付すべき期限内までに完納されなかった場合に加算される税金です。
無申告加算税と一緒に支払うことになり、税の割合は納付する日までの日数に応じて異なります。納付が遅くなればなるほど、支払うべき税額がどんどん増えていくようになっています。

副業であっても本格的にチャットレディをやっている場合、1年間で50万円を超えることは普通にあるかと思います。

稼ぐお金が増えれば増えるほど税金も高くなりますが、申告しなければもっと高くなります。

税務署はある日突然やってきます。

後々大変なことにならないように、確定申告はしっかりした方が良いです。

会社にチャットレディをやってることがバレませんか?

昼間は普通に会社で働いていて、夜にチャットレディをやってる女性も多いと思います。

その場合、確定申告をしたら会社側にバレてしまうのでは?と不安になることもあるかと思います。

これに関しては、確定申告書の住民税に関する記載項目のところで、納付方法を「特別徴収」ではなく「普通徴収」に〇をつけて申告すれば会社側に通知がいくことはありません。

あとは、チャットレディをやってることを誰にも言わないことです。

確定申告が必要な人

専業主婦(チャットレディ以外に収入が無い) 年間38万を超えた場合
会社員&アルバイト(チャットレディ以外に給与所得がある) 年間20万を超えた場合
個人事業主 年間38万を超えた場合

年間20万円以下の場合は確定申告は不要ですが、各種控除を受ける場合は必要なケースもあります。(詳しくは管轄税務署へ)

また住民税の申告に関しては、年間20万円以下でも必要な地域があります。(各市町村の管轄役場へ)

確定申告の種類

確定申告には白色申告と青色申告の2種類あります。

白色申告

白色申告は初めて確定申告をする方や、なるべく手間をかけず簡単に済ませたい方向けです。

以前は帳簿の義務がありませんでしたが、平成26年分の確定申告より白色申告でも帳簿作成が義務付けられるようになりました。

ですが白色申告の場合、帳簿付けは簡易簿記でも可能です。
簡易簿記とは、チャットレディの収入や経費がどれだけあったのかが、一目でわかるようにしたものです。

手書きのノートにまとめても良いですし、エクセルで作っても大丈夫です。

青色申告

青色申告は特別控除を受けられますが、白色申告よりも複雑で、詳しい知識が必要になります。

また事前に「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておく必要があります。

白色申告と違い青色申告の帳簿は詳細に作成する必要がありますので、チャットレディで高額報酬を得ている方は、税理士さんにお願いした方がいいかと思います。

チャットレディの経費について

確定申告で支払う税額は、経費の金額によって大きく変わります。

チャットレディで経費になる可能性のあるものは様々です。

以下はその一例ですが、必ずしも経費になるとは限らないものもありますので、参考程度にご覧ください。

経費になる可能性のあるもの一覧

  • パソコン&スマホ代金(チャットでお仕事した業務割合のみを計上)
  • webカメラ
  • ヘッドセット
  • チャット用のライト
  • 通信費
  • チャットレディで使用する衣装代や化粧品代
  • 家賃(チャットレディのお仕事をする専用スペースがあれば、その部屋に対する家賃等を経費計上することが可能)

チャットレディのお仕事で購入した物や、その他経費計上に関するものは必ず領収書・レシート・web明細などでしっかり証明できるようにしておきましょう。

上記でご紹介したものは一例ですが、家賃に関しては正直計上が難しい部分もあるようです。

詳しくは管轄税務署にお問い合わせください。

確定申告のよくある質問

確定申告が面倒くさいです

わかります。私はチャットレディを始める前から確定申告をしていますが、毎年本当に面倒くさいです。(^-^;

ですが無申告は必ずバレますので、面倒でもやらなければなりません。

特にチャットレディは高額報酬を得る女性も多いので、大変な場合は税理士さんを雇うなどした方がいいかと思います。

調べてみましたがよくわかりません

お近くの税務署でしたら無料で相談することが可能です。

まずは税務署に相談してみるのが良いと思います。

チャットレディをやってることが会社にバレませんか?

確定申告書の住民税に関する記載項目のところで、納付方法を「特別徴収」ではなく「普通徴収」に〇をつけて申告すれば会社側に通知がいくことはありません。

確定申告は絶対にしないといけませんか?

申告しなければならない金額を稼いでいるなら、必ず確定申告しなければなりません。

無申告のままでいると税務署から調査が入り、無申告加算税や延滞税などが課せられます。

申告の職業欄には何と書けばいいですか?

確定申告書には職業欄を書くスペースがあります。

「チャットレディ」や「メールレディ」とは書きづらいですよね。

適切な記載としては、以下のようなものがあります。

  • サービス業
  • インターネットサービス業

チャットレディはネットを通して接客をするお仕事です。

なので「サービス業」で特に問題はありません。

チャットレディの確定申告について解説しているサイト

最後に、チャットレディの確定申告についてもう少し詳しく解説してるサイトをご紹介します。

いろいろ調べましたが、ポケットワークが1番わかりやすかったです。

実際に確定申告書を作るとなったらさらに調べなくてはなりませんが、まず確定申告そのものについて理解を深める必要がありますので、ぜひチェックしてみてくださいネ。

→ポケットワークの確定申告解説ページを見る

 

タイトルとURLをコピーしました